出沢杏佳(いでさわきょうか)の経歴・プロフィールまとめ!高校はどこ?

ここでは卓球選手である出沢杏佳(読み方:いでさわきょうか)さんについて述べていきます。

出沢杏佳さんの経歴やプロフィール、高校はどこなのかといった点についてまとめていきますねー!

出沢杏佳(いでさわきょうか)の経歴・プロフィールまとめ!

出沢杏佳さんの経歴とプロフィールについてまとめていきますね!

【出沢杏佳のプロフィール】

名前  :出沢杏佳

読み方 :いでさわ・きょうか

生年月日:2002年6月28日

出身中学:日立市立泉丘中学校

高校  :大成女子高等学校

出沢杏佳さんが卓球を始めたのは小学校一年生の時。

卓球愛好家だった父親の影響で始めたそうです。

その後、近所のスポーツ少年団やクラブ(ミキハウスJSC)にも入り、どんどん実力を伸ばしていったそうで。

 

2019年4月からはジュニアナショナルチームに選出されてます。

つまりジュニアの日本代表って事。

卓球Tリーグ女子の「TOP名古屋」との契約も決まっており、出沢杏佳さんはジュニア選手とは言いますが、ほとんどプロみたいなものですね。

 

2020年1月17日には全日本卓球の5回戦であの平野美宇選手を破っています。

現時点で高校二年生なのに、凄い!

出沢杏佳(いでさわきょうか)の高校はどこ?

前段でも述べましたし、全日本卓球の情報からもすぐ分かるのですが、出沢杏佳さんの高校は大成女子高等学校です。

大成女子高等学校は茨城県水戸市の私立高校です。

バレーで有名ですが、卓球も強いんですね。

出沢杏佳(いでさわきょうか)は何が異質なのか?

出沢杏佳(いでさわきょうか)さんは「異質」だと報道されています↓

「最後まで自分のペースをつかむことができなかった。とてもタイミングの取りにくい異質の選手で、対応ができず、勉強になりました」と平野。相手の出沢杏佳(きようか、大成女子高)はバック面に粒高のラバーを貼った「異質」と呼ばれる戦型。さらにフォア面に表ソフトラバーを使用し、両面でボールが変化する希少な選手だ。「2年連続で5回戦で負けてしまって、全日本の難しさもあるな、とすごく感じました。これからどんどん成長していって、オリンピックでは自信を持って戦えるようにしたい」と前を向いた。

引用元:『異質』の女子高生に対応できず…平野美宇が5回戦敗退「勉強になりました」出沢杏佳に脱帽

どうやら出沢杏佳さんはタイミングがとりにくい異質の選手だそうです。

 

卓球のラケットは両面を使うのですが、異質というのは突起物がついたラバーの事ですね。

相手の球の回転に対応しやすい特長がある反面、自分から球に回転をかけるのは難しいそうで…

カットマンというひたすら粘るタイプの選手に異質ラバーの使い手は多いです。

ただ、多くの場合異質ラバーを使うのは片面だけで、もう片面は通常のラバーを貼るそうです。

 

しかし、出沢杏佳さんの場合、通常のラバーを使わずに両面とも異質ラバーにしており、回転が他の選手とは違う為、非常にやりにくいんだとか。

だから、今回平野美宇選手も破れてしまった…

というのは一因に過ぎず、やはり出沢杏佳さんの卓球選手としての実力を評価すべきでしょう。

出沢杏佳(いでさわきょうか)へのネットの声。

出沢杏佳さんはまだ高校生で、そこまで有名という訳でもなく、「出沢杏佳」に対してではなく「平野美宇が敗れた!」という事に対しての反応が大きいですね。

ただ、まだまだ高校2年生であり、これからもっと実力も伸びていくでしょうから、どんどん注目度も上がっていくでしょう。

出沢杏佳(いでさわきょうか)についてのまとめ。

出沢杏佳(いでさわきょうか)さんの経歴やプロフィール、高校などについてまとめてきました。

まだ17歳なのに、オリンピック日本代表の平野美宇選手を全日本卓球という大舞台で破るなど、これから期待大な選手ですね!