【協栄ジムトラブルの内容】金平会長の金銭問題とは何があった?【真相が知りたい】

名目ボクシングジムである協栄ジムで経営関係のトラブルがあったという事が2019年12月7日の報道で分かりました。

具体的にはどうやら金平会長とオーナーの金銭問題トラブルが原因のようです。

ここでは協栄ジムでのトラブルの内容が何なのか?真相について考察していきたいと思います。

協栄ジムのトラブルの内容は金平会長とオーナーの金銭問題だった。

金平会長

端的に結論を言うと、2019年12月7日に報道された協栄ジムのトラブルとは「金平会長とジムオーナーの間での金銭問題」であったようです。

国内最多の13人の世界王者を輩出したボクシングの協栄ジムが活動休止となることが7日、明らかになった。

同ジムの金平桂一郎会長(54)によると、実質的なオーナーとの間で「金銭トラブル」が発生。「解雇を言い渡された」と説明した。東日本ボクシング協会へ9日にも休会届を提出し、日本ボクシングコミッションに説明する方針だ。

引用元:金平会長は金銭トラブルで解雇 ボクシング名門・協栄ジム活動休止へ

この報道から分かる事は

  1. 協栄ジムは「協栄ジムのオーナー」と「金平会長」は別である。
  2. オーナーの方が強い立場にあり、金平会長は雇われていた。
  3. トラブルの内容は金銭問題。
  4. 金平会長は協栄ジムを去る事になった。

という事。

 

これは協栄ジムに関わらず、格闘技系のジムでは同じようなトラブルは良く起きていますし、格闘技のジムに限定しなくても金銭問題にかかる争いというのは日本中で頻発していますから、超珍しい!というものではありません。

ただ、協栄ジムというボクシングの超名門ジムですら、金銭問題から金平会長がいなくなってしまうトラブルが起こってしまうんだ、という驚きはありますね。

 

この金銭トラブルについては民事での争いとなる事から、双方の細かな主張などは明らかになっている部分は少ないですが、それでも現状で分かっている、協栄ジムオーナーと金平会長の双方の主張を見てみましょう。

金平会長側の主張

 金平会長は「ライセンスを持つ者がいなくなるのだから、ジムの存続は無理」だと説明した。

引用元:金平会長は金銭トラブルで解雇 ボクシング名門・協栄ジム活動休止へ

金平会長の発言で主に分かっているのはこれですね。

ここでいう「ライセンス」とはプロボクサーのライセンスではなく「ジムを運営するJBCの認定ライセンス」です、簡単に言うと。

 

日本国内のプロボクシングの興行に選手が出場する為には、選手はJBCに加盟しているジムに所属する必要があります。

ジムがJBCに加盟する為には、会長がその為のライセンスを持っている必要があるという事。

 

今回、そのライセンスを持っている金平会長が協栄ジムを追い出される訳なので、金平会長は「協栄ジムの存続は無理」と言っている訳です。

 

ちなみにTwitterを確認してみましたが、昨日の夜の時点の金平会長のtweetが…

うーむ。これって本当に金平会長本人のアカウントでしょうか?(笑)

オーナー側の主張

対してオーナー側の主張です。

本日、一部のメディアにおいて、当ジムが活動休止を予定している旨の報道がありましたが、
当ジムが発表したものではなく、活動休止を予定している事実もございません。
当ジムは、引き続き、会員の皆様に対してこれまで同様のサービスを提供してまいります。

引用元:協栄ジムHP

オーナー側の主張は「協栄ジムは存続する」という事ですね。

 

なお、どちらのサイドも金銭問題の内容については触れていませんでした。

協栄ジムのトラブル(金銭問題)の真相について。

金平会長

ここからは協栄ジムのトラブルについての考察をしていきたいと思います。

協栄ジムと金平会長の金銭問題トラブルの内容

金平会長は協栄ジムに「雇われていた雇われ会長」であると今回の件で判明しました。

その金銭問題の内容とはまあ、ほぼ間違いなく

  • 給料がいくらか
  • 金平会長が協栄ジム以外で報酬を受け取る事についての制限

でしょう。正確には違っても、結局はどちらかに大きいくくりでは分類されるはず。

 

金平会長はボクシング界ではかなり顔が聞きますから、色々なところで協栄ジムからの給料以外で収入がある訳だし、それに対して協栄ジムが何か言ったのかも知れない。

協栄ジムが契約金を低くしようとしたのかも知れない。

金平会長の要求が相当に高かったのかも知れない。

まあ、推測ではありますが、当たらずとも遠からずかな、と。

協栄ジムの今後

協栄ジムは今後はJBCに加盟し続けて、プロ選手を興業に送り込めるかは分かりません。

金平会長が協栄ジムを去ってしまうのであれば、プロ興業の場に協栄ジムが出てくるのは今後は難しくなるかも知れない。

 

ただ、別にプロ選手がいなくてもボクシングジムの経営はいくらでもできる訳です。

フィットネス・エクササイズとしてのボクシングを提供するジムに協栄ジムがなっていく。

そちらの方が合理的であると協栄ジムが判断したのであれば、今後協栄ジムはそっちになっていくでしょうね。

協栄ジムと金平会長の金銭問題トラブルについてのネットの声

休止するしないは別としても、とりあえず揉めてることは間違いなさそうだな。

引用元:ヤフーニュース

↑これは間違いないですw

 

たぶん、フィットネス中心のジムになるんじゃないかな。
金平会長がいないんじゃ、プロボクシングの手続きや事務や関係者とのコネとか渡り合っていけないでしょ。

引用元:ヤフーニュース

↑これは筆者と同意見です。

フィットネス中心のジムでも利益を出す事は可能ですしね。

 

間違いなく、また金平が勝手にやっている

いくらトラブルがあったとしても、この時期にジムの休止は普通しない

ムカついた金平が勝手にやっている

選手のことを考えたらあり得ない行動だ

一番の問題は金平だ

引用元:ヤフーニュース

↑金平会長にはアンチの方もたくさんいます。

この発言が正しいかは別として、金平会長の影響力は良くも悪くも注目されているって事ですね。

 

金平会長の発言、記者会見で語った話じゃなさそうだね。
内輪揉めは間違いなさそうだが、
会長側がジムを辞めるのでもなさそう。
話が長引きそうだな。

引用元:ヤフーニュース

↑話が長引くかな…?とは思いますね。

金平会長が去って、協栄ジムはフィットネスジムに。

それでまとまりそうな気はします。

ただ、所属してるプロ選手がどうなるかは問題ですが…

協栄ジムのトラブルについてのまとめ。

協栄ジムと金平会長の間の経営、金銭問題トラブルについて考察してきました。

まあ…ボクシングは素晴らしいスポーツではあるのですが、賞金とかジムのトラブルが絶えないのは少し残念ではあります。

 

一方で金平会長やジムのオーナーの主張や苦労も相当なものでありますし、どちらが悪い・正しいという事は言えません。

 

ただ、今後の協栄ジムは金平会長無しで進んでいく可能性がかなり高そうですね。

こうしてまたプロボクシングのジムがまた減ってしまうのか…?