折田翔吾(将棋YouTuber)の経歴やプロフィールまとめ!仕事についても

折田翔吾さんは将棋YouTuberとして活躍していますが、プロ試験を受ける程の実力の持ち主です。

そんな折田翔吾さんとは一体何者なのか!?

ここでは将棋YouTuber・折田翔吾さんの経歴・プロフィールや将棋YouTuber以外の仕事などについて述べていきたいと思います。

折田翔吾(将棋YouTuber)の経歴&プロフィール!

ここでは折田翔吾さんの経歴やプロフィールについて確認していきましょう。

wikipediaに書いてある以上の事もまとめていきますよ!

かわいい兎

いくよー!

折田翔吾さん

画像引用元:YouTube

【基本データ】

  • 名前:折田翔吾(おりたしょうご)
  • 生年月日:1989年10月28日
  • 出身地:大阪府
  • YouTubeとしての名前:アゲアゲ
  • 師匠:森安正幸七段
  • 身長:178センチ

折田翔吾さんは大阪府出身のアマチュア棋士です。

大阪府出身で現在でも大阪府で生活しています。

幼稚園時代に将棋を覚え、本格的に始めたのが小学校6年生。

そして折田翔吾さんが中学3年生の10月に奨励会に入ります。

 

奨励会とは一言で言うとプロ棋士を養成する機関であり、才能豊かな未来のプロ棋士が集まる場所です。

奨励会の中で勝ち進み三段になり、三段の中で規定以上の成績を修めると四段(=プロ棋士)になる事が出来ます。

ただし、年齢制限がありざっくり言うと

  • 26歳までに四段になる事が出来なかった場合
  • 勝ち越す事が出来なかった場合

は奨励会を退会する事になる…

 

奨励会は誰がプロになってもおかしくないレベルの強者揃い。

折田翔吾さんは三段に上がるほどの成績を修める事は出来ず、26歳の時の成績が5勝13敗で奨励会退会を余儀なくされてしまうのでした。

 

その後、奨励会を退会してしまった折田翔吾さんは「アゲアゲ将棋実況」というYouTubeチャンネルを解説。(参考に動画を貼っておきますね)

こちらのチャンネルでは、折田翔吾さんのキャラがにじみ出ていて将棋ファンにとっては面白い&為になる感じですね。

かわいい兎

折田翔吾さんはかなりひょうきんな感じですw

折田翔吾さんはYouTuberになってからも、将棋の勉強を続けており、アマチュア大会で優秀な成績を修め続けます。

アマチュアの将棋の大会で上位に食い込むとプロの公式戦に出場でき、そこで六割五分以上の勝率をあげるとプロ編入試験の受験資格が得られます。

 

プロ編入試験では若手のプロ棋士を相手に、3勝以上する事ができれば晴れてプロになる事が出来ます。

受験料が54万円とかなり高額であり折田翔吾さんはクラウドファンディングで、スポンサーを募っていた事でも話題になりましたね。

折田翔吾さんは果たしてプロになれるのでしょうか?

折田翔吾(将棋YouTuber)の仕事は何?

折田翔吾さんの仕事については、現状確かな情報はないですが、下記に参考情報をまとめてみました。

 

折田翔吾さんは2019年11月25日現在ではアマチュア棋士です。

プロ棋士ではないので、対局料としての収入は基本的にはありません。

 

折田翔吾さんのYouTubeチャンネルの収入は年収ベースで74万円程度。

折田翔吾さんのYouTubeチャンネルの収入

画像はよりチューバ―タウンよりキャプチャ。

まあ、この金額では何らかの仕事をしないと生活はしていけないとは思われますが…

将棋の大会の中にはアマチュアの大会でも賞金をもらえるものもあるのですが、それだけで生計を立てるのは厳しいのではないかと思ってしまいますね…

 

ただ、折田翔吾さんの場合、プロ編入試験の受験料もクラウドファンディングしていたくらいなので、もしかしたら仕事という仕事はせずに将棋一本に打ち込んでいて、YouTubeチャンネルの広告料とアマチュア大会の賞金、その他副収入で生活をしているのではないでしょうか?

折田翔吾さんはインタビューでも

ユーチューブも含め将棋中心です。

引用元:将棋情報局

と言っているので、仕事という仕事はせずに、「将棋が仕事」みたいな状況なのでしょうね。

ちなみに折田翔吾さんは「アゲアゲ将棋教室」という将棋塾も開いていて、60分3000円で将棋のコンサルもしています。

どこかに勤めるというより、やはり「将棋が仕事」なのでしょう。

折田翔吾(将棋YouTuber)についてのまとめ。

将棋YouTuberの折田翔吾さんについて経歴やプロフィール、仕事などについて述べてきました。

折田翔吾さんはかなりキャラも濃いですし、将棋の腕も相当なものですし、アマチュアからプロになるYouTuber棋士という事で話題性も抜群です。

今後、かなり注目されていくのではないかと思いますね!

コメントを残す